国内ドラマ

映画「酔うと化け物になる父がつらい」ネタバレ、あらすじと結末、感想(最新情報!)

映画「酔うと化け物になる父がつらい(ようばけ)」あらすじと結末(ネタバレあり)や感想、作品情報を中心にご紹介します。

映画「酔うと化け物になる父がつらい」は2020年3月6日に公開されます。

原作は、菊池真理子さんの同名のコミックエッセイ。

アルコールに溺れる父を持つ、菊池真理子さんの実話を元に作られています。

大人気若手女優・松本穂香さんと数々の作品に出演している実力派の俳優・渋川清彦さんのダブル主演映画になっています。

毎晩酔っ払い化け物になって帰ってくる父を、面白おかしく描き、ホロっとさせるこの作品

「自分の家族がおかしかったって、今になってようやくわかった。」という著者・菊池真理子さん。

果たして本作はどのような映画になっているのでしょうか?

作品情報やあらすじ(ネタバレ)を見ていきます。

スポンサーリンク

映画「酔うと化け物になる父がつらい」作品情報

【日本公開】2020年3月6日

【監督】片桐健滋

【脚本】久馬歩(プラン9)、片桐健滋

【原作】菊池真理子

監督には「男の操」や「ルームロンダリング」などを手掛け、新たなる独特な世界観を作り出した新進気鋭の監督・片桐健滋さんがメガホンを取ります!

豪華俳優陣に期待の実力派監督による映画化期待が高まりますね!!

「酔うと化け物になる父がつらい」キャスト

  • 田所サキ:松本穂香
  • 田所トシフミ:渋川清彦
  • 田所フミ – 今泉佑唯
  • ジュン:恒松祐里
  • 中村聡:濱正悟
  • スナック幸子のママ:安藤玉恵
  • 白石:宇野祥平
  • 發田:森下能幸
  • 中谷 – 星田英利
  • オダギリジョー
  • 木下:浜野謙太
  • 田所サエコ:ともさかりえ

物語の主人公である酔っ払いの父の娘・田所サキを演じるのは、ドラマや映画で数々の主演を務め、その演技力と存在感で今、勢いのある松本穂香さん

そして酔っ払いの父役に確かな演技力と男の色気を持つ渋川清彦さんという、ダブル主演で本作は展開されていきます。

さらに宗教にハマる母役にはともさかりえさん

他にもキーパーソン役に、オダギリジョーさんや浜野謙太さんなどなど豪華キャストがこの作品を彩っています!

「酔うと化け物になる父がつらい」作品概要

原作であるコミックエッセイは実録家族崩壊エッセイと称され、秋田書店のwebサイト・チャンピオンクロスにて連載されたのち、圧倒的な反響を呼びました。

そして、この度、実写映画化されることが決定になりました!

アルコールに溺れ、毎晩化け物になり奇行を繰り返す父と、新興宗教にハマってしまった母を持つ主人公が家族崩壊していく中、がむしゃらに未来を見つけ生きていこうとする物語です!

著者の菊池真理子さんにとってはとても辛い過去の実体験なのですが、そこを面白おかしくユーモラスに描くと同時に、家族の在り方や逃げられない試練、葛藤などシリアスな場面もかなりあります。

ですが、絵柄もかわいらしくテンポもいいので飽きずにスラスラ読めるコミックになっています。

それでは、本作のあらすじを見てみましょう!!

スポンサーリンク

映画「酔うと化け物になる父がつらい」あらすじ(ネタバレあり)

主人公は田所サキ(長女)

父、母、長女、次女の平凡な4人家族。

ですが実際は平凡なのは見た目だけ。

朝、出勤するときの父はおとなしく小心者。

帰ってくる父は大声を張り上げ、だらしなく表情は崩れ、まったく別の人格になります。

そう「化け物」なって帰ってくるのでした。

そんな父の影響から現実逃避し、母も新興宗教にハマり、両親ともに奇行を繰り返します。

週末は、父の麻雀仲間が集まって、朝から晩まで麻雀、さらに酔った父の召使いのように振る舞う母。二人の間にはすでに愛は感じられませんでした。

週に一度母から言われて、母と裸で背中をくっつけて寝るサキ。

その背中からは、時に静かに泣く母を感じ、その母の悲しみが伝わってきます。

それでもサキの居場所はここしかありません。

現実から逃げるように好きな漫画を描くことに没頭するようになるサキ。

家族が崩壊しないように我慢する毎日を送っていました。

しかし、「化け物」に変わる父、宗教にハマる母との生活は続きます。

ここから原作ネタバレ(ネタバレ注意!)

中学2年になったサキ、この家族の崩壊はあっけなく訪れるのでした。

母が自殺してしまったのです。

父の酒癖と麻雀から逃れたかった母をなぜ助けなかったと自分を責めるサキ。

一時的に酒をやめた父でしたが、また酒に溺れ出す父。

サキと分かり合えることもなく、父との溝は深まっていきます。

高校卒業にも自分の進路にも、何の関心もない父。

ある日、母の日記を見つけたサキは、自分が父から望まれていない子供だったことを知ります。

心に蓋をし、学校では父のことを面白おかしく友達に話すサキ。

就職も進学も決まらず、高校卒業後はバイトを始めます。

漫画家デビューが決まったサキを「やれるだけやってみろ」と後押ししてくれる父。一方で相変わらず、サキが介護しないと死んでしまうくらい酒に溺れる父。

ここからは結末までの原作ネタバレになります。(ネタバレ注意!)

そんな父が、末期の癌に侵されていることがわかります。

そんな父に「私に恨まれて死ぬことを知って死んで!」といってしまいます。

そんな父も2年の在宅介護の末、亡くなりました。

化け物になる父からも、宗教にハマった母からも解放されたサキでしたが、自由になれることもなく、化け物は実は自分自身だったんじゃないかという気持ちに苛まれて、体と心のバランスが崩れて、不眠に悩まされるようになります。

さらに父の死から2年が経ち、そこには未来に向き合って生きていこうとするサキがいるのでした。

スポンサーリンク

映画「酔うと化け物になる父がつらい」感想

「酔うと化け物になる父がつらい」というタイトルにかなりインパクトを感じますが、物語としてはかなり骨太の、人間ドラマ並びに家族ドラマになっています。

菊池真理子さんの実体験ですが、かなり壮絶です。

それでも面白く、万人に受けるエンターテインメントとして昇華したのはとてもすごいし、考えさせられます。

映画の作り方も、この後どうなっちゃうんだろう?っていう興味の引き方がうまいんですよね。

サキに次々降りかかる災難もかなりつらいですし、それでも孤軍奮闘するサキをもう応援したくなっちゃうんですよね。

そして衝撃のラスト。

この独特の世界観を描き出せるのか期待大ですし、注目です!!

松本穂香ちゃんもかわいいです。笑

映画「酔うと化け物になる父がつらい」ネタバレとあらすじ:まとめ

映画「酔うと化け物になる父がつらい」あらすじと結末(ネタバレあり)や感想や作品情報をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

普段あまり考えることのない、家族との関係を考えさせられる、素晴らしいきっかけになる作品です。

ぜひ!劇場でご覧になってみてください!!