社会派映画

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)

映画「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」あらすじとネタバレ、感想と作品情報をご紹介します。

アメリカ、ニューヨーク。

テレビドラマや映画で有名になった、若手俳優のジョン・F・ドノヴァンが亡くなるという事件が起こります。

彼の死は自殺なのでしょうか?それとも、事故だったのでしょうか?

謎に包まれた彼の死について、真相を握るのは11歳の少年、ルパートただ1人でした。

ジョンのファンだったルパートは彼にファンレターを書き、それから二人は奇妙な文通を続けていました。ルパートの手元にある100通にも及ぶ手紙から明かされる真実とは…

スポンサーリンク

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」作品情報

原題:The Death & Life of John F. Donovan

監督、脚本:グザヴィエ・ドラン

監督、脚本と全てをこなすのはグザヴィエ・ドランで、彼は若干まだ30歳の若き監督です。

彼は2009年「マイ・マザー」で長編監督デビューし、第62回カンヌ国際映画祭監督週間に上演され、2010年に2作目「胸騒ぎの恋人」では第63回カンヌ国際映画祭である視点部門で上演されました。

2012年3作目「わたしはロランス」で第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上演されクィア・パルムを受賞しました。

2014年「mommy/マミー」が第67回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞、2016年「たかが世界の終わり」で第69回カンヌ国際映画祭グランプリを獲得し、今後が大変楽しみな監督です。

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」キャスト

ジョン・F・ドノヴァン:キット・ハリントン

サム:ナタリー・ポートマン

ルパート:ベン・シュネッツアー

ルパートの子供時代:ジェイコブ・トレンブレイ

グレース:スーザン・サランドン

バーバラ:キャシー・ベイツ

ジョン役のキット・ハリントンと言えば、世界中で話題の「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョン・スノウ役で一躍ブレイクし記憶に新しいと思います。


ジョンのファンで文通をしていた少年ルパートは、ジェイコブ・トレンブレイが務めています。

2015年「ルーム」でブリー・ラーソンと共演し、その演技が高く評価され放送映画批評家協会賞若手俳優賞にノミネートされました。

この他も、キャシー・ベイツ、スーザン・サランドン、ナタリー・ポートマンというアカデミー賞主演女優賞を受賞している豪華な面々が脇を固めています。

スポンサーリンク

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」あらすじ(ネタバレなし)

アメリカ、ニューヨークが舞台であり、映画とテレビドラマで大人気となった29歳の俳優ジョン・F・ドノヴァンが亡くなることから話がスタートします。

果たして彼はは自ら命を絶ったのか、それともこれは不幸な事故なのか?

彼の死の真相は長年謎に包まれていたました。

その真相のカギとなったのは当時11歳のルパートとの100通を超える手紙に隠されていることが分かりました。

ルパートターナーは、ジョンと5年間にわたって、ペンフレンドでした。

彼の持つジョンの内面に関する独特な考察から、ジョンの死の真相に迫ります。

11歳のルパートがジョンと手紙をやり取りするシーンから、場面が現代に移り、ルパート自身が、成功を収めている俳優として、登場します。

彼の手元に残る、ジョンからの手紙を元に、彼はジョンの回顧録を書いています。

そんな彼の元にレポーターのオードリー・ニューハウスがインタビューに訪れ、そのインタビューの中で、ルパートは、ジョンが名声を得るために多くの妥協をしたこと、そして、ジョンにあこがれてしかたのなかった、ルパートに対して、優しさと寛大さで接してくれたことなどを明らかにしていきます。

映画は、フラッシュバックシーンと彼の死後のシーンを繰り返し、ジョンを取り巻いた、世間の残酷さと偏見が彼が成し遂げたかったことから彼を遠ざけてしまった一方で、ジョンを愛していた人たちと彼のつながりの深さを表現していきます。

華やかにみえて誰もが憧れる俳優の世界の光と影、スキャンダラスな世界…ジョンの切なくて衝撃的な死の真相は一体なんなのでしょうか。

詳しいあらすじやネタバレがわかり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」感想

感想でよく見られたのは監督の歴代作品をご覧になってるファンの方々の、監督の映像などに関する感想が多かったです。

やはりドランの作品だけあって映像がいい、35mmで撮るから質感が凄くいい
ドラン作品の中では割と軽い方で観やすい
英語なのね、フランス語のイメージだったのでびっくりしました

また劇中で要所要所に使われる音楽も効果的なようです。

音楽がよかった。懐かしい曲が多くてルパートくんに共感する。

当時を懐かしく演出する音楽もいい演出をしているようです。

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」ネタバレとあらすじ、まとめ

「ジョン・F・ドノヴァンの生と死」あらすじとネタバレ、感想と作品情報をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

この作品だけでなく、現代でも多くみられる有名人の自殺、生活にも多く溢れている幸せそうに見えるが、それは本当に幸せなのかと考えさせられてしまいます。

助けを求めてるのが誰にもわかって貰えないかもしれない、というジレンマを抱えたジョンの苦悩と、それを手紙にしたためるしかなかった彼のことを思うと、俳優という仕事をしているという事だけの問題ではないと思います。

顔を合わせない人だからこそ本当の事を言えるという間柄は現代でも多く見られることなのではないかなと思いました。

キット・ハリントン、ジョン・スノウ、ゲームオブスローンズ
キット・ハリントン『ゲーム・オブ・スローンズ』だけではないその魅力を紹介! 『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役として、超人気を誇るキット・ハリントン。 今回は、彼の今迄の映画出演作についてご紹介...
「Girl/ガール」ネタバレとあらすじ、感想、カンヌ国際映画祭3冠!(最新情報!)プロのバレリーナを目指す、トランスジェンダーの女性を描くヒューマン・ドラマ。 本作品は第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点部門」で...
映画「マイフーリッシュハート」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)【2019年版】映画「マイフーリッシュハート」のあらすじ(ネタバレあり)と、感想を紹介します。 ジャズを通して愛を歌いながら、私生活では、愛とは縁が切れていく悲しくも皮肉な一面を持つ、孤高の天才チェット•ベイカー。 そんな彼の心が追い込まれていく晩年の様を、フィクションと彼のジャズ音楽を交え映画にしています。 ジャズも、チェット・ベイカーを知らない方にも、ジャズの魅力を感じてもらえる映画です。...
「ライフ・イットセルフ」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)映画「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語」あらすじ(ネタバレあり)と作品情報、感想をご紹介します。 あの日、あの瞬間 人生が交差する。 大ヒットドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」の製作者が贈る、家族の愛と感動のヒューマン・ドラマです。...