海外ドラマ

映画「upside 最強のふたり」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)

映画「upside 最強のふたり」あらすじ(ネタバレあり)、結末と感想や作品情報紹介します。

スラム街出身で無職のデルが、全身麻痺の大富豪フィリップの気まぐれで、彼の介護を引き受けることになります。

それぞれに心の葛藤を抱えながら、お互いに心を通わせていく心温まる作品です。

ちょっと驚きなのが、実話に基づいたストーリーです。

実在の大富豪フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴとその介護人アブデル・ヤスミン・セローの実話をモデルに2011年にフランスで映画化。

その「最強のふたり」のハリウッドリメイク版です。

スポンサーリンク

映画「upside 最強のふたり」作品情報

原題:The Upside

公開日:2019年12月20日

監督:ニール・バーガー

映画「upside 最強のふたり」キャスト

フィリップ:ブライアン・クラストン

デル:ケヴィン・ハート

イヴォンヌ:ニコール・キッドマン

今作品は2011年に公開されたフランス映画の「最強のふたり」のリメイク作品。

2019年4月から、Amazonプライムでも公開されていましたが、12月からは劇場公開となります。

監督のニール・バーガーは、エドワード・ノートン主演「幻影師アイゼンハイム(2006)で、インディペンデント・スピリット賞にノミネートし、近年では世界興行収入3億ドル超えとなった「ダイバージェント」(2014)で話題となりました。

フィリップ役には、昨今のイメージとはガラッと変わった、ブライアン・クラストンが演じています。

2008年から4回にわたって「ブレイキング・バッド」の好演で、エミー賞主演男優賞を受賞、2013年にはゴールデングローブ賞主演男優賞受賞、さらには2014年には「オール・ザ・ウェイ」にてエミー賞、演劇主演男優賞も受賞しました。

デル役のケヴィン・ハートはコメディ映画に多数出演し、最近では2016年の大ヒットアニメ映画「ペット」でスノーボールの声を演じて、一躍有名になりました。

フィリップの秘書、イヴォンヌをニコール・キッドマンが務めています。

1995年「誘う女」、2001年「ムーラン・ルージュ」でゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、2002年「めぐり逢う時間たち」ではアカデミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しています。

また近年では制作にも力を入れており、2017年「ビック・リトル・ライズ」では出演しながらプロデューサーとしても参加し、エミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞も受賞しました。

スポンサーリンク

映画「upside 最強のふたり」あらすじ(ネタバレ注意)

スラム街出身で、無職のデルは妻や息子にも見放され、ついには失業保険を受けるために、とりあえず就職活動をすることにします。

彼が、失業保険を受給するのには、就職面接の人からサインが3つ必要でした。

その3つ目のサインをもらいに、高級マンションの清掃員の募集の面接に訪れます。

その時たまたま、マンションの最上階に住む、全身麻痺の大富豪フィリップが、介護人の面接をしていました。

そこが、清掃員の面接場と勘違いしたデルは、明らかに場違いな格好で、他の介護人候補たちの列に並びます。

気難しいフィリップは、これまでなんども介護人を解雇してきました。

白々しい言葉を発する介護人候補たちの中、ぶっきらぼうな、それでいて本音を吐く、デルに、フィリップが興味を惹かれます。

デルは、仕事は要らないから、サインだけしてくれと、フィリップに頼みます。

失業保険の紙にサインする代わりに、フィリップは、デルを雇ってしまうのでした。

その場で面接を仕切っていた、フィリップの秘書、イヴォンヌは、「本気なのか」とフィリップに尋ねます。

イヴォンヌを始め、マンションの住人や周りの人は、無職、無教養、粗野で犯罪者であるデルを雇うことを反対し、特にイヴォンヌは、彼に厳しく当たります。

「3ストライクでアウトよ」

とデルに伝え、彼がミスをするたびに、「ストライク」をとっていきます。

一方で、誰も「人として」見てくれていなかったフィリップを、人間扱いする、デルにフィリップは心を開いていきます。

フィリップの知っている常識を覆していくデルとの時間が、フィリップは楽しくなっていき、忘れていた、笑顔が増えていくのでした。

一方で、元妻や息子に、犯罪で刑務所に長くいて、これまで何もしてやれなかったデルにとって、まともな職業につけた彼は、慣れないながらも介護の役を頑張ります。

1週間が経ち、初めての給料に驚くデル。

「月給?」

と勘違いするほどの給料を、彼は全額、元妻と息子に持っていきますが、これまでのこともあり、元妻や息子はなかなか心を開いてくれません。

自業自得なことはよくわかっているデルは、それからも、給料を2人に持っていきます。

ある時、デルはフィリップのお供で、オペラを聴きにいきます。

最初、子供のようにはしゃいで、周りの顰蹙を買っていたデルでしたが、オペラに魅了されていきます。

その後、芸術的な刺激を受けたデルは、空き時間で、絵を描き始めます。

一方のフィリップは、彼の執筆した本のファンから、文通友達になりたいという女性からの手紙が気になりながらも、捨てていたのでした。

文通するにしても、全身麻酔である、彼を知られてしまうのが怖かったのです。

ある日、全身麻酔になったきっかけとなるパラグライダーの事故の時を夢に見ます。

うなされるフィリップ。呼吸が止まりかけたところに、デルが駆けつけます。

心も憔悴した、フィリップを連れ出して、彼を勇気づけます。

笑顔を取り戻す、フィリップ。

次の日から、フィリップは、それまで捨てていた文通の女性に手紙を書き始めるのでした。

ここから結末までのネタバレあり。(ネタバレ注意!)

全てがうまく回り出したかに思えた二人でした。

フィリップがが、ある時、デルが、フィリップの前で文通相手の女性に電話をかけます。

始め嫌がるフィリップですが、やはり相手の女性が気になるフィリップ。

結局彼女は出なかったのですが、留守電にメッセージを残すフィリップ。

フィリップの心が躍ります。

彼の誕生日が来て、イヴォンヌが近所の人や友人を招待して、サプライズパーティを行いましたが、「何もするなと言ったはずだ」と機嫌を損ねるフィリップ。

パーティを解散するようにイヴォンヌに伝え、出ていくイヴォンヌ。

二人になったフィリップは、デルにも当たります。

言い合いになるものの、フィリップのフラストレーションを感じたデルは、彼の部屋のもので、フィリップが嫌いだったものを次々壊していきます。

すっきりとしたフィリップは、薬を用いて、ハイになり、パーティを楽しみ出します。

その時、近所の知人が、フィリップが壁にかけた、デルの絵を見て、「誰の作品だ?」と尋ねます。

「バンクシー?」と聞く知人に、「新鋭作家でこれから売れる」とフィリップは濁します。

結局、500万円でデルの作品を買ってしまう知人。

その時、文通相手から電話がかかります。

成り行きで、会うことになったフィリップ。

文通相手との初デートの時に、フィリップは、デルに500万円の小切手を渡し、「絵が売れたこと」を伝えました。

デルは「俺は画家だ!」と舞い上がりますが、「そうではない。このお金で新しい事業を始めるんだ」と諭すフィリップ。

そこに、文通相手だった、美しい女性が現れます。

女性に、二人きりにして欲しいと言われ、その場を後にするデル。

女性とのランチは楽しいものだったのですが、途中で、女性が本音を漏らしてしまい、プライドを傷つけられたフィリップはその場を離れ、ボロボロになります。

女性に会わなければよかったときっかけを作ったデルをせめるフィリップ。

デルを勢いで辞めさせてしまいます。

一方のデルは、500万円を元手に、車椅子の開発工場を経営する傍ら、元妻と息子のために、家を買うのでした。

フィリップのフィジカルトレーナーに、イヴォンヌも辞めさせられたことを聞き、助けて欲しいと言われ、デルはフィリップのもとに駆けつけます。

ボロボロのフィリップを見て、彼を車で連れ出すデル。

彼をパラグライダーに連れ出すデル。フィリップとデルは二人でパラグライダーをします。

またデルに心を救われるフィリップ。

そのまま、その近くにあるキャビンで身なりを整えるフィリップ。

そこにデルが呼んだ、イヴォンヌが入ってきます。

見つめ会う二人をキャビンの外で見るデル。

彼のことを本当に理解しているのはデルとイヴォンヌの二人だったことを知るフィリップでした。

スポンサーリンク

映画「upside 最強のふたり」感想

既にAmazonプライムで公開されていた事からご覧になった方が多く、沢山の感想が上がっていました。

ウワサは聞いてたけどとてもいいお話だった。すごく感動した!

フランス映画でご覧になってい方も多いようですが、映画としては初めて観た方もいるようでやはり実話を元にしていることもあり、そのストーリーと2人の友情に強い支持がありました。

また、中でも2人の仲介をしているニコール・キッドマン演じるイヴォンヌを褒める声が大きく聞かれました。

正直リメイクだからと思っていたけど、ニコール・キッドマンのイヴォンヌはとてもよかった!原作より良かったのはイヴォンヌだと思う。

 

ストーリーを知ってる人もそうでない方も、感動することは間違いなしです。

アメリカ版ならではの良さも是非ご確認ください!

映画『ペット2』のあらすじとネタバレ、感想(最新情報!) 飼い主が留守の間、ペットたちはこんな風にすごしている!? オリジナル・アニメーション史上最高の愛らしいペットたちがスクリーンに戻っ...
映画「母との約束、250通の手紙」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)映画「母との約束、250通の手紙」あらすじ(ネタバレ含む)と感想、作品情報をご紹介します。 本作は、フランスの三島由紀夫とも言われている伝説の文豪「ロマン・ガリ」による 自伝小説「夜明けの約束」を原作に制作されました。 彼の波乱に満ちた、数奇な人生を描いた本作です。...
「最高の人生の見つけ方」日本版、ネタバレとあらすじ、感想(公開直前情報!)「最高の人生の見つけ方」は、2019年10月11日に公開の日本映画です。 あらすじやネタバレ、作品紹介から、見どころや感想までをご紹介しています。 原作は、2007年公開されたアメリカの同名作品「最高の人生の見つけ方」。 そんな人気作を、大胆に日本人キャスト、ジェンダースワップで女性主人公、制作も日本でリメイク、アレンジした今作です。 今回は日本版「最高の人生の見つけ方」のあらすじやネタバレ、作品の見どころ、一足先に見た感想などをご紹介したいと思います!...
映画「ラストレター」ネタバレとあらすじ、感想、すれ違う手紙と心が、再び交わり始めた先には?映画「ラストレター」あらすじと感想(ネタバレあり)と作品情報をご紹介します。 岩井俊二監督初の長編映画『Love Letter(1995年)』の対となるアンサー作品。 行き違ってしまった手紙をきっかけに、世代を超えて、それぞれの心の行く末を追う恋愛映画です。 忘れていたはずの感情が再び動き始めます。...
「ジュマンジ:ネクストレベル」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)「ジュマンジ:ネクストレベル」あらすじ(ネタバレあり)や、感想、作品情報をご紹介します。 1995年「ジュマンジ」、2018年の「...