社会派映画

「ベル・カント」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)

映画「ベル・カント とらわれのアリア」のあらすじ(ネタバレあり)と作品情報、感想(ネタバレ含む)を中心にご紹介します。

Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝いた、ベストセラー小説の映画化作品です。

世界的最高峰のキャストでの、豪華アンサンブルとなっています。

テロリストとその人質との間に生まれた、予期せぬ交流を描いた本作品が、日米の豪華キャストによって新たに息を吹き込まれました。

スポンサーリンク

映画「ベル・カント とらわれのアリア」 作品紹介。

【日本公開】 2019年11月15日

【原題】 Bel Canto

【監督】ポール・ワイツ

「ベル・カント とらわれのアリア」登場人物とキャスト

ロクサーヌ・コス:ジュリアン・ムーア(歌の吹き替え:ルネ・フレミング)

ホソカワ:渡辺謙

ゲン:加瀬亮

赤十字のメスネル:セバスチャン・コッホ

フランス大使ティボー:クリストファー・ランバート

ベンハミン指揮官:テノッチ・ウエルタ

カルメン:マリア・メルセデス・コロイ

「ベル・カント とらわれのアリア」作品概要

アン・パチェットが1996年に、ペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得て執筆した、同名ベストセラー小説の映画化作品です。

日米のみならず、ドイツや南米からの実力派俳優たちの共演で映画化されました。

主人公ロクサーヌの歌声によって、貧困で教育も十分に受けてこられなかったテロリストたちと、教養に溢れた人質たちとの間に、あたたかな交流が生まれる様子を描いています。

監督は「アバウト・ア・ボーイ」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされた、ポール・ワイツです。

スポンサーリンク

映画「ベル・カント とらわれのアリア」 あらすじ(ネタバレあり)

【あらすじ(ネタバレ含む)】

1996年、世界的オペラ歌手のロクサーヌは、南米某国のルーベン・オチョア副大統領邸で開催される、サロンコンサートを控えていました。

銃を携帯している、兵隊だらけのその国を訪問することを、ロクサーヌは恐れていました。

このコンサートは、日本の実業家で、社長のカツミ・ホソカワの誕生日に、副大統領邸で開かれるパーティの催し物でした。

ホソカワは、その国の政府から、工場誘致のために招かれており、ホソカワのたっての希望で、コンサートは企画されていたのでした。

そこには、フランス大使のティボー夫妻や、ロシア貿易部代表のフィヨドロフなど、各国のVIPも招待されていました。

副大統領邸でのコンサートが始まり、ロクサーヌの歌声が、招待客を魅了していたその時、突然銃声が鳴り響き、武装したテロリスト集団が、なだれ込んできました。

反政府テロリストを率いる、ベンジャミンの要求は、同国に投獄された同士の開放でした。

テロリストは女性と使用人の解放には応じましたが、「有名人だから」という理由で、ロクサーヌは残されました。

ここからネタバレを含みます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Melissa Naviaさん(@mcnavia)がシェアした投稿

その後、膠着状態のまま1週間が過ぎました。

テロリストとの交渉には、赤十字の人質交渉人、メスネルが担当しました。

メスネルは「人質のために」歌ってくれとロクサーヌに頼みます。

ロクサーヌは悩みましたが、ホソカワの一言によって励まされ、歌う決意をします。

ロクサーヌの歌声をきっかけに、テロリストたちと人質たちの間に、様々な交流が生まれていきました。

いつの間にか食事も共にするようになり、その生活に幸せを感じるような不思議な感情が芽生え始めます。

その裏では、政府が最後の作戦を実行しようとしているのでした。

スポンサーリンク

映画「ベル・カント とらわれのアリア」感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

María Mercedes Coroyさん(@mariamercedescoroy)がシェアした投稿

この時代に、この作品が、このタイミングで日本で公開になったことは、大きな意味があると思う。
観終わった後、胸が締め付けられる思いがしました。
渡辺謙や加藤亮など日本人も、重要な役で頑張っていて嬉しい。
話の内容が、結構色々な方向にエモい映画です。
原作は知らなかったけど、どこまでが本当の話で、どこからがフィクションなのかってくらい、リアリティを感じました。

原作の小説がとても有名らしいので、そちらも読んでみようかなあ。

映画「ベル・カント とらわれのアリア」ネタバレとあらすじのまとめ

映画「ベル・カント とらわれのアリア」のあらすじ(ネタバレあり)と作品情報、感想(ネタバレ含む)を中心にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ペルーで起きた日本大使公邸占拠事件に着想を得た本映画、起こり得そうなシチュエーションと、いわゆる「ストックホルム症候群」と呼ばれる、人質が、犯人との間に築く、奇妙な心理的繋がりをリアルに描いた本作。

そして迎えるラストまでの緊張感がたまらない映画です。

また、今回の映画で、世界一のソプラノ歌手と称される、ルネ・フレミングが、歌の吹き替えをしているところも、隠れた見どころの一つです。

この映画の、俳優陣や声優のクオリティへのこだわりは、半端でありませんね。

ぜひ劇場で観たい映画ですね。

また、原作もベストセラーになるなど、大評判の本作。

原作を読んで予習をしてから、映画を見ると、内容がより理解でき、さらに、原作と映画の違いを感じたりするのも、面白いかもしれません。

アマゾンで読める原作はこちら▼▼▼


ベル・カント (ハヤカワepi文庫)

「ベル・カント とらわれのアリア」に興味がある方におすすめの記事

「エンテベ空港の7日間」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)映画「エンテベ空港の7日間」ネタバレとあらすじを中心に、作品の感想などをご紹介しています。 1976年6月、ウガンダにあるエンテベ空港で起きたハイジャック事件を基にした映画。 実話に基づき岐路に立たされた人間たちの、葛藤と対立に迫るポリティカル・ヒューマン・サスペンスです。...
「キャッツ」【映画】ネタバレとあらすじ、感想。レ・ミゼラブルに続く映画化!2020年、ミュージカル「キャッツ」が実写映画化! さっそく、あらすじ(ネタバレあり)や作品情報などを見ていきましょう! 映画版「レ・ミゼラブル」のトム・フーパーが再び監督として、メガホンを取ります。 ジェニファー・ハドソンの歌う「メモリー」これは鳥肌ものですね。 心揺さぶられたい!2020年1月、期待の映画です。...
映画「マイフーリッシュハート」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)【2019年版】映画「マイフーリッシュハート」のあらすじ(ネタバレあり)と、感想を紹介します。 ジャズを通して愛を歌いながら、私生活では、愛とは縁が切れていく悲しくも皮肉な一面を持つ、孤高の天才チェット•ベイカー。 そんな彼の心が追い込まれていく晩年の様を、フィクションと彼のジャズ音楽を交え映画にしています。 ジャズも、チェット・ベイカーを知らない方にも、ジャズの魅力を感じてもらえる映画です。...
「ホテルムンバイ」ネタバレとあらすじ、感想速報!2019年9月28日映画「ホテル・ムンバイ」ネタバレとあらすじ、感想を紹介します! 2019年9月27日公開で、早速映画を見た方の感想も含めて、お伝えしたいと思います! ストーリーは、2008年、インドのムンバイにある五つ星ホテルで起きた、実話に基づいた、無差別テロからの脱出劇です。 宿泊客たちを守り脱出させようとするホテル従業員たちの勇気が、グッとくる映画です。...