ホラー

「ブライトバーン」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)

映画「ブライトバーン 恐怖の拡散者」のあらすじ(結末までのネタバレあり)と作品情報や感想などご紹介します。

「スーパーマンが、ヒーローになるとは限らない」

田舎に暮らしている夫婦の家の近くに、ある日隕石が落ちてきました。

落ちた場所には小さな男の赤ん坊が一人、泣いていました。

夫婦はその男の子を、自分の息子として育てていきます。

「僕は誰なの?」という、男の子の問いに「あなたは贈り物よ」と母親は愛情を注ぎます。

しかし、彼が過ごす日常がそれを許してくれませんでした。

善の心ではなく、悪の心を持ったスーパーマンがいたら、というホラー映画です。

スーパーマンはヒーローの代名詞ではありません。

歴代のヒーローも、彼のような道をたどる可能性があったかも、と考えるとぞっとします。

スポンサーリンク

映画「ブライトバーン 恐怖の拡散者」作品紹介

「ブライトバーン」作品基本情報

【公開日】2019年11月15日

【監督】デヴィット・ヤロベスキー

【製作】ジェームズ・ガン、ケネス・ファン

【製作総指揮】ブライアン・ガン、マーク・ガン、他

【脚本】ブライアン・ガン、マーク・ガン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brightburnさん(@brightburnmovie)がシェアした投稿

プロデューサーが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズや、現在「スーサイドスクワット2」の監督も担当している、ジェームズ・ガン監督です。

脚本、製作総指揮には、ジェームズ・ガンの兄弟といとこが名を連ねています。

ある意味、親族が集まって作った作品といえます。

「ブライトバーン」キャスト(キャラクター)

  • エリザベス・バンクス(トリ・ブライヤー)
  • デヴィッド・デンマン(カイル・ブライヤー)
  • ジャクソン・A・ダン(ブランドン・ブライヤー)

主要キャストのエリザベス・バンクスは「ハンガーゲーム」や、「ピッチパーフェクト」に出演しています。

ジェームズ・ガンの「スリザー」にも出演している女優です。

父親役のデヴィッド・デンマンは「ローガン・ラッキー」や「アフター・アース」に登場していた俳優です。

もう一人、今回の主役とも言える少年、ブランドンを演じているのは、ジャクソン・A・ダンです。

実は彼、この度大記録を打ち立てた、アベンジャーズ・エンドゲームにちょい役で出演しています。

彼は現在12歳、劇中でも12歳の役を演じていました。

勘のいい人はもうわかったかもしれませんね。

今後が期待できる若手俳優です。

スポンサーリンク

「ブライトバーン」のあらすじ(結末までのネタバレあり)

すべてのヒーローが世界を救うためにいるわけではない。

ブライトバーンは、子どものスーパーパワーを持った少年の起源を描くものであるが、必ずしもヒーローになるわけではない。

実際に彼はモンスターになった。

2006年、トリ・ブレイヤー(母)とカイル・ブレイヤー(父)は、カンザス州ブライトバーンに住んでいました。

宇宙船が彼らの農場の近くに落ちた際、その中にいた赤ん坊の男の子を、夫婦は養子に迎えます。

彼をブランドンと名付け、乗っていた宇宙船は、納屋の地下室に隠しました。

12年が経ち、学校では、オタクで自分の世界にいることの多いブライドンは、同級生から気味悪がられますが、ある日、絵の上手いブライドンを、キャサリンだけは、「素敵」といってくれるのでした。

その夜、ブライドンは、ある声に導かれ、地下室の宇宙船のある方向へと向かいます。

この時、ブライドンは、両親の息子であると信じていて、まさか宇宙からやってきたとは知りません。

ブライドンが、宇宙船がしまってある納屋の扉の前で、何かを話している様子に、心配した母が現れ、ブライドンは正気に戻りました。

次の日に、父から庭の芝刈りをお願いされた時に、芝刈り機を吹き飛ばしてしまうことで、彼は、超人的な強さ、速さ、不死身であることに徐々に気がついていきます。

 

思春期になった、ブランドンは両親のいうことを聞かなくなります。

ダイナーでブランドンの誕生日を祝った際に、彼の叔父ノアと、叔母メルリは彼に狩猟用ライフルを与えますが、父はそれをブランドンに持たせることを拒否します。

怒ったブランドンはダイナーで暴れるのでした。

 

家では、父が、ブランドンの様子がおかしいことに徐々に気がついていきます。

家のニワトリが、ブランドンを恐れていることにも父は気がつきます。

その夜、父は、ニワトリが惨殺されているのを発見しました。

母は狼に襲われたんだと言いますが、父はブランドンの仕業だと疑い始めます。

 

母はブランドンの部屋で、下着や水着のモデルの写真、手術図、人間の臓器の写真などを見つけます。

家族のキャンプ旅行で、カイルは、ブランドンに性教育の話をし、それは当たり前にある衝動なんだと彼を落ち着かせようとしました。

その同じ夜、ブライドンは、超人的なスピードを使って、想いを寄せているキャサリンの家の彼女の部屋の外に現れます。

ブライドンが窓の外にいることに気がついた、キャサリンは悲鳴をあげます。

ブライドンはその後すぐにキャンプ地へ戻りました。

学校で、信頼関係を育む授業中に、キャサリンは、ブライドンを気持ち悪がり、彼を受け止めるのを拒否し、ブライドンは地面に倒れてしまいます。

その報復で、ブライドンは、彼女の手を握りつぶし怪我をさせてしまいます。

ブライドンはその時、学校のカウンセラーである叔母、メルリと会いたいと訴えました。

学校に呼び出された父と母は、キャサリンの母エリカに、「なんでこんなモンスターを刑務所に入れないのか?」と責め立てられます。

 

その夜に、母は、納屋で浮遊しているブライドンを発見します。

母が発見すると、地面に落ちたブライドンに対して、母は、彼が地球外から来た真実を伝えます。

泣きながら、その場から走り出すブライドンの目から光線が。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brightburnさん(@brightburnmovie)がシェアした投稿

その時彼は、初めて宇宙船のメッセージを理解するのでした。

「世界を侵略せよ」

 

ここからネタバレ。(ネタバレ注意!)

ブランドンはそのまま高速移動で、赤いバラを持って、キャサリンのお見舞いに訪れます。

自分が特別な存在だと知ったことを伝えたかったブライドンでしたが、怯えたキャサリンに、母から、彼と話すことを禁じたと言われ、拒絶されてしまいます。

ブライドンは、赤いマスクとマントを身にまとい、高速移動で、エリカの働いているレストランに現れ、エリカを殺してしまいます。

現場には、ブライドンが残した、彼のイニシャルBB(ブランドン・ブレイヤー)をもじったシンボルだけ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brightburnさん(@brightburnmovie)がシェアした投稿

翌朝、学校のカウンセラーでもある、メルリおばさんは、ブランドンがキャサリンを怪我させたことを全く反省しないことを、警察に報告しなくてはならないと彼に告げます。

ブランドンは、放課後にメルリを彼女の自宅まで追いかけ、「警察に言わないよう」脅しますが、メルリは断ります。

メルリが寝た後に、始末しようと思い隠れていた、ブライドンでしたが、たまたま帰宅した、叔父のノアに見つかります。

ノアは、ブライドンを家に連れ帰りますが、途中で覚醒したブライドンに、車ごと持ち上げられて、破壊され、ノアは殺されてしまいます。

ノアの血で道路に、ブライドンのシンボルを描きます。

その後、上半身裸で家に帰った、ブライドンは、他の学生にシャツを引き裂かれたと両親に伝えました。

ノアの血がついたシャツが父に見つかり、父はそれを母に見せますが、母は、ブライドンがノアを殺したことを信じようとしませんでした。

ノアの死に関係しているのか、ブライドンを問いただす父を、ブライドンは吹き飛ばしてしまいます。

その晩、父は苦渋の決断します。

 

ここを開くと結末のネタバレ!(閲覧注意!)

翌日父は、ブライドンを狩りに連れ出し、ブライドンの頭を、ショットガンで後ろから撃ち抜きますが、ブライドンは全くダメージを受けませんでした。

驚いたブライドンでしたが、その場で、熱視線で父を殺してしまいました。

その頃、保安官が、母を訪ねてきて、エリカとノアの死の場面で見つかったシンボルを母に見せて、何か知らないか尋ねます。

保安官が帰った後、母はブライドン部屋で一冊のノートを見つけます。

そこには、エリカとノアの死んだ様子の絵と、例のシンボルと、殺人者ブライドン自身のイメージ画と「地球を侵略せよ」というメッセージが書かれたものを発見します。

母は、父がブランドンについて正しかったことを知り、父に連絡しようとしますが、ブランドンが電話に出て、父が死んでいることを伝えるのでした。

母は保安官に電話をし助けを求めましたが、ブランドンは保安官とその代理人を残酷に殺してしまいます。

逃げていった母は、納屋で、壁に釘で打ち付けられ、血で描かれたシンボルに囲まれたエリカのバラバラになった体を見つけます。

ブランドンと刺し違えようと母は、一度ブライドンが傷ついた、宇宙船の鋭利な部品を手にしますが、ブライドンにバレてしまい、反対に、高いところまでついれて行かれ墜落死してしまいます。

ブライドンはその死を隠す為に、飛んでいる飛行機を乗っ取り、農場に墜落させました。

最後のシーンでは、今回の一連の事件に関して、TVのニュース報道が、超越した存在による一連の破壊行動について、人類は立ち向かっていかなければならないと訴えています。

スポンサーリンク

「ブライトバーン」感想とまとめ

「ブライドバーン」の感想

ダークヒーローではなく、本物の悪のスーパーマンを描いた作品です。

スーパーマンはヒーローの代名詞ではなく、個人を称するものです。

ヒーローとは対極の存在を描いたのが、今作の映画です。

スーパーヴィランと、呼ぶのがしっくりくるかもしれません。

有名なヴィランと言えば、10月4日に公開された「ジョーカー」が有名です。

映画『ジョーカー』ネタバレとあらすじ、結末と感想(10月5日追記!)10月5日追記!映画『ジョーカー』あらすじ(結末までのネタバレあり)感想を紹介します。 哀しき狂気のヴィラン、「ジョーカー」の誕生の経緯が明らかに…! DCコミックス『バットマン』シリーズで、バットマンの宿敵として立ち塞がる、スーパーヴィラン「ジョーカー」の誕生の経緯を描いた作品『ジョーカー』が、10月4日に日米同時公開されました。...

すでに「ブライトバーン」が公開されている、アメリカでの感想を見ていると、上記の「ジョーカー」と比較して、内面の描写が薄いといった意見も散見されました。

「ブライドバーン」あらすじとネタバレのまとめ

映画「ブライトバーン」あらすじ(ネタバレあり)と作品紹介や感想をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の作品は、ホラーのジャンルに入るので、ガンの丁寧な描写は結構入っています。

一説には、ジェームズ・ガンより、「ブライトバーン」続編の可能性が示唆されています。

今回の作品が、その序章となるのであれば、見ておいて損はないと思います。

ジェームズ・ガンが関わっているので、次作から驚く展開になるかも、と期待します。

公開が待ち遠しい作品ですね。

ぜひ劇場で、新しい「アンチヒーロー」確かめて見てくださいね。

「ドクター・スリープ」ネタバレとあらすじ、感想と作品紹介、40年前のトラウマ再び。「ドクター・スリープ」のあらすじ(ネタバレあり)や、作品紹介、感想をご紹介しています。 冬季閉鎖中のホテルで、40年前に起こった惨劇を生き残り、ホスピスで働くダニー。 ダニーの周りで児童ばかりを狙った不可解な、連続殺害事件が起こるようになります。 事件の謎を追い、辿り着いたのは…あの場所でした。 子供の頃に過ごした呪われたホテル、封印されたはずの住人達が戻ってきたのです…。...
「IT/イット2」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)映画「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。チャプター2」が、2017年の「IT/イット チャプター1」の続編、完結編として、2019年11月1日に劇場公開されます。 映画館で見る前に、心の準備しておきたい方のために、あらすじ(ネタバレあり)と結末や評判、感想などお伝えしたいと思います。...
ダークフェニックス DVD レンタル U-NEXT
「ダーク・フェニックス」DVDレンタル開始!無料で動画視聴できる方法はある?6月21日に公開された、X-MENシリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』のDVDレンタル開始と、デジタル先行配信の日程が決定しました。 レンタル開始日他、お得な情報お届けしますね。DVDレンタルしようと思っている方、ちょっと待ってください! もっとお得でお手軽に「X-MEN:ダーク・フェニックス」を見る方法があるんですよ!...