恋愛

映画「殺さない彼と死なない彼女」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)

映画「殺さない彼と死なない彼女」あらすじと結末(ネタバレあり)と感想を紹介します。

Twitter発祥の「何度読んでも泣ける!」と大人気の四コマ漫画、「殺さない彼と死なない彼女(殺カレ死カノ)」が待望の実写映画化となりました。

元々は、世紀末さんが、ブログであげていた漫画が書籍化され、Twitterで評判を呼んだことから始まりました。

ゆるっとした絵柄でありながら、誰しもの心の奥にあるような“孤独”や“願い”を描き、多くの読者達を魅了し、2017年3月23日に書籍化されました。

映画化はご本人が一番驚いたようで「他人事」にしか聞こえなかったらしいですね。

スポンサーリンク

映画「殺さない彼と死なない彼女」作品情報!

【日本公開】2019年11月15日

【原作】世紀末『殺さない彼と死なない彼女』

【監督】小林啓一

【脚本】小林啓一

【配給】KADOKAWA、ポニーキャニオン 

「殺さない彼と死なない彼女」登場人物とキャスト

小坂れい:間宮祥太朗

鹿野なな:桜井日奈子

地味子:恒松祐里

きゃぴ子:堀田真由

撫子:箭内夢菜

八千代:ゆうたろう

イケメンくん:金子大地

サイコキラーくん:中尾暢樹

佐藤玲

佐津川愛美

森口瑤子

「殺さない彼と死なない彼女」主題歌

殺さない彼と死なない彼女」の予告編で、奥華子さんの主題歌「はなびら」が初解禁されました。(予告編 54秒あたりから)

映画の公開に合わせて、公開直前の11月13日に、奥華子のベストアルバム『奥華子 ALL TIME BEST』の中に収録という形でリリースされます。

2006年の細田守監督作品『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」など、今回映画の主題歌としては、4作目になります。

奥華子さんは今回、映画音楽(映画に挿入される劇中音楽)も担当されたそうで、映画音楽は、初挑戦ながらも、21曲監督と綿密に打ち合わせして作曲したそうです。

奥華子さんも、「殺カレ死カノ」の原作のファンだったようで、今回の話が来たときには、とても嬉しかったそうです。

「世紀末さんの世界観が好きで原作を読んでいたので、主題歌と劇中音楽のお話を頂いた時は本当に嬉しかったです。瑞々しい映像と大切な言葉が散りばめられた一つの物語に、心が掴まれて何度も涙が出ました」

引用:殺カレ死カノ公式tumblr

https://korosanaimovie.tumblr.com/post/186827528871/0807

とコメントされています。

奥華子さんは、世紀末さんにも今回の映画について、「宝物のような作品ですね」と声をかけられたそうです。

世紀末さんの原作のファンである奥華子さんの手がける、主題歌や劇中音楽、楽しみですね!

さらに、小林監督からのコメントも、今回の映画で奥華子さん無しには、この映画は語れないとおっしゃっています。

「幸福と悲哀、それと何かが同時に沸き起こる不思議な感覚を皆さんにも味わって欲しいです。エンディング、はやく聞いて欲しいです」

引用:殺カレ死カノ公式tumblr

https://korosanaimovie.tumblr.com/post/186827528871/0807

映画で感じる「不思議な感覚」、ぜひ体験してみたいですよね!

「殺さない彼と死なない彼女」作品概要 

原作は、Twitterに投稿されたことから始まった、世紀末さんの四コマ漫画。

今回映画化された『殺さない彼と死なない彼女』ですが、書籍の中には、ほかのタイトル『きゃぴ子』『君が代ちゃん』が収録されており、今作でもそれぞれのキャラクター達が、映画の中に登場します。


殺さない彼と死なない彼女 (中経☆コミックス)

監督・脚本をつとめるのは、映画『ももいろそらを(2012年)』で第24回東京国際映画祭の日本映画・ある視点部門の最優秀作品賞など、数々の賞を受賞した小林啓一監督。

主人公となる二人は、小坂れい役を若手実力派俳優の間宮祥太朗さん、鹿野なな役を“岡山の奇跡”と呼ばれた美少女、桜井日奈子さんが熱演しています。

スポンサーリンク

映画「殺さない彼と死なない彼女」あらすじと結末(ネタバレあり!)

物語の始まりは、とある少年と少女が出会ったことから始まりました。

何にも興味が持てず、毎日を退屈に過ごしていた男子高生・小坂れい。

「殺すぞ」が口癖で、いつも退屈そうにスマホを眺めていました。

そんな彼が出会ったのは、 鹿野ななという女子高生。

鹿野はいつもネガティブで、リストカットをしては「死にたい」とこぼす女の子でした。

小阪はある日、教室で殺されてしまった蜂の亡骸を埋葬する鹿野を見かけました。

「死にたい」とすぐ言うわりに、生き物の命を大切に扱う彼女を見て、小阪は興味を持ち始めます。

不器用な二人が不器用なりに本音をさらけ出すうちに、いつしか一緒に居ることが当たり前になりはじめ……。

以下原作の結末ネタバレ。(ネタバレ注意!)

とある日の帰り道、鹿野と分かれた小坂に、突然見知らぬメガネをかけた男が近づいてきました。

「少し質問していいかな?」と声をかけてきた男。

小阪は断りましたが、男は「それじゃ、今バイバイした彼女を追いかければ間に合うかな?」と怪しい台詞を言うのでした。

小阪は不審に思いながらも、仕方なく対応することに。

男は「君は恋をしているのか?」と突拍子も無い質問をぶつけてきました。

小坂が苛立ちながら「恋?なんなんすか、質問はこれですか?」と答えると、男は「君は恋をしているね、さっき一緒にいた女の子かな?」と笑顔で言います。

次々と意味の分からない質問をされて、ついいつものように「殺されたいのか」と食ってかかる小坂。

ここを開くと衝撃の結末ネタバレ!(閲覧注意!)

すると男は

「殺される?僕が?君に?とんでもない」

と言いながら刃物を取り出しました。

そして

「死ぬのは君で、殺すのは僕だよ」

と小坂の腹部へと刃物を突き刺したのです。

小坂はそのまま命を落としてしまいました。

男はもともとストーキングしていた女性を殺害する予定で、予行練習として小坂を殺害したのでした。

小阪自身に何か理由があったわけではありません。

運が悪かっただけ、というには悲しすぎる運命でした。

ある日、鹿野の夢に小阪が現れました。

夢の中で彼は

「渡したい物がある。机の引き出しの2番目を見て」

と訴えます。

その言葉の通りに鹿野は、彼の机の引き出しの2番目を探しました。

すると、そこには一通の手紙が。

『鹿野ななちゃん、誕生日おめでとう。特に書くことがなかった。』

鹿野は涙を流しながら、「もっとちゃんと書けよ」といつものように呟くのでした。

そしてまた夢の中で再会した二人は、しっかりと抱き合いました。

「さようなら、ありがとう。大好きだったよ」

スポンサーリンク

映画「殺さない彼と死なない彼女」感想

読んだら涙が止まらないと話題の『殺さない彼と死なない彼女』が、待望の映画化となりました。

原作が大人気というだけあって、期待の声がたくさんSNS上に投稿されています。

「予告編で既に理想が詰まってて完成度も高くて、めちゃめちゃ観に行きたい」

「殺カレ死カノは原作読んで、めっちゃ泣いたから映画も絶対見に行く!」

キャスティングや映像の雰囲気が、世界観にマッチしていることなどから、公開前から高評価な印象ですね。

また、『衝撃の結末』が気になって、原作を買ってしまったという方も多いようです。

映画「殺さない彼と死なない彼女」ネタバレとあらすじまとめ

映画「殺さない彼と死なない彼女」あらすじとネタバレ、結末と感想を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

何度読んでも泣けるストーリーと、まさかの展開、そして誰しもの心にじわりと染み込むようなメッセージ性のある作品なので、映画を観る前に読んでも、映画を観た後に読んでも、何度でも涙してしまいそうですね。

心がぎゅっとする映画ですが、将来への希望を見出せる『殺さない彼と死なない彼女』は2019年11月15日公開です。

四コマで描かれていた彼らの日常が、どんなストーリーを見せてくれるのか、公開が待ち遠しいですね。

「エイスグレード」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)オバマ米前大統領もお気に入りの映画です。アメリカ公開直後から絶賛された映画で、オバマ米前大統領も、2018年の年間ベスト映画にこの映画を選出しています。 「エイスグレード 世界でいちばんクールな私へ」あらすじ(ネタバレあり)や作品情報などをご紹介します。 「レディ・バード」の制作陣と「ムーンライト」の気鋭スタジオ「A24」が贈る青春映画です。 監督はこれが監督デビュー作でもある、元Youtuberのボー・バーナム監督。 SNSと共に生きる“ジェネレーションZ”の成長、恋愛、青春をリアルに描いています。...
『僕のワンダフル・ジャーニー』ネタバレとあらすじ、感想や評価(最新情報!)2017年公開の前作「僕のワンダフル・ライフ」で、飼い主イーサンと再会を果たし、幸せに暮らしていた犬のベイリーのお話の続きです。ネタバレとあらすじ、感想や口コミを中心にご紹介していきたいと思います。涙腺崩壊必死映画!...
「マイ・ビューティフル・デイズ」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)映画「マイ・ビューティフル・デイズ」のあらすじ(ネタバレ含む)と、感想や作品紹介します。 あの頃、不器用な恋をした― ビリー...
映画「惡の華」ネタバレとあらすじ、結末と感想!玉城ティナにしか言えないセリフとは?9月27日追記!2019年9月27日追記! 「惡の華」のあらすじ(ネタバレあり)や作品情報、感想などご紹介! 「玉城ティナ」にしか言えないセリフとは? 秘密を見られた少年と、秘密をネタに契約をもちかける少女。 “変態”と“ゴミムシ”のなかで、思春期の少年少女が抱く行き場のない衝動を描いた、押見修造の人気コミック『惡の華』が、衝撃の実写映画化作品です!...