社会派映画

「ホテルムンバイ」ネタバレとあらすじ、感想速報!2019年9月28日

映画「ホテル・ムンバイ」ネタバレとあらすじ、感想を紹介します!

2019年9月27日公開で、早速映画を見た感想も含めて、お伝えしたいと思います!

ストーリーは、2008年、インドのムンバイにある五つ星ホテルで起きた、実話に基づいた、無差別テロからの脱出劇です。

宿泊客たちを守り脱出させようとするホテル従業員たちの勇気が、グッとくる映画です。

出演は「スラムドッグ$ミリオネア」のデーヴ・パテル、「ソーシャルネットワーク」のアーミー・ハマーです。

監督は本作で長編映画デビューのアンソニー・マラスです。

さっそく、最新の映画の感想や、あらすじ(ネタバレあり)、作品情報などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

映画「ホテルムンバイ」感想速報!(2019年9月28日)

ホテルムンバイは、やばいくらいおすすめ!今年のベスト映画かも!

見た後にダメージが残る映画。たった10年くらい前なのに、忘れちゃってて。テロとの戦争に終わりがあるのかと考えさせられちゃったね。
正しさが何か考えさせられる映画です。私の正義って、状況とかで変わるんだなって。

これほど目が離せない映画は久しぶり!息もつけなかった。壮絶の一言。
実際に起こったことと思うと、心に来た。映画の間中緊張しっぱなしで震えた。

この世の中には不条理があるんだなって思う。

でも人が起こした悲劇は人が終わらせることもできると思う。

2時間ずっと、自分がホテルの中にいたらって考えてて、テロリストにいつ殺されるかとか、どうやって逃げるかとか考えたら、怖すぎた。

映画を見終わってからも、恐怖がまとわりつく感じ。

最初から最後まで緊張の連続で、見終わった後はぐったりした。

このようなことが世の中のどこかで常に起こっていると考えたら、私と、テロリスト、犠牲者の間の違いはなんだろう、自分はなぜ生きているのかと存在に対しての疑問を突きつけられた気がした。
ドキュメンタリー調の重たいやつかな?と思って気合入れて観に行ったけど、全編すごくスリリングで最後まで楽しめた。

沢山の人に観て欲しい。R15+だからそれなりに覚悟も必要だけど。それでも観る価値がある素晴らしい作品です。
泣けたけど怖すぎて映画館で失神するかと思った。

凄い映画だ。映画っていうか実話に基づくから更に凄い。映画「アルゴ」のハラハラ感が大丈夫な人には見てほしい。
息を潜めて、理不尽な暴力にひたすら耐える絶望的な恐怖がある事と、勇敢な人々がいたことを教えてくれた映画だった。
スポンサーリンク

映画「ホテルムンバイ」 作品情報

「ホテルムンバイ」作品基本情報

【日本公開】 2019年9月27日

【原題】 Hotel Mumbai

【監督】アンソニー・マラス

「ホテルムンバイ」キャスト

アルジュン:デーヴ・パテール

デヴィッド:アーミー・ハマー

ザーラ:ナザニン・ボニアディ

サリー:ティルダ・コブハム=ハーヴェイ

オベロイ料理長:アヌパム・カー

ワシリー:ジェイソン・アイザックス

「ホテルムンバイ」作品概要

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hotel Mumbaiさん(@hotelmumbaifilm)がシェアした投稿

2008年にインドにある五つ星ホテルで起きた同時多発テロでの、奇跡の脱出劇です。

ホテルの従業員たちが、宿泊客たちを守り脱出させようとした、知られざる真実の物語を描いています。

監督のアンソニー・マラスは本作を映画化するにあたり、生存者たちへのインタビューを重ねたほか、テロ実行犯たちの通話を傍受した録音記録などを入手するなど、徹底的にリサーチし映画化を実現しました。

スポンサーリンク

映画「ホテル・ムンバイ」 あらすじ(ネタバレ注意)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hotel Mumbaiさん(@hotelmumbaifilm)がシェアした投稿

【あらすじ】ネタバレ注意!

インドの五つ星ホテルに勤める青年アルジュンは、臨月の妻と幼い娘を養うために懸命に働いていました。

彼は、そのホテルの従業員であることに、誇りを感じていました。

いつも通りのホテルの光景を見ながら、その日も働いていましたが、突然、武装したテロリスト集団がホテルを占拠しました。

宿泊客は500人以上いましたが、そんな中無慈悲な銃弾が人々を襲います。

テロ殲滅部隊が到着するまでに数日かかると知り、従業員たちは絶望します。

しかし、従業員たちは、自らの家と同じ想いを抱いているホテルから脱出することはせずに、ホテルに残り宿泊客たちを救うことを決意します。

アルジュンはレストランでの給仕中に異変を察知し、隙をみながら従業員通路を利用して客をVIPルームへと移動させます。

一方、愛する妻子とともにホテルに宿泊していたアメリカ人建築家のデヴィッドは、客室に残されている、生まれて間もない息子とシッターの元へ、犯人たちの目を盗みながら救出に向かいます。

デヴィッドの妻ザーラは、はぐれた家族と合流するために決死の覚悟でVIPを出ますが、運悪くテロリストと鉢合わせしまうのでした。

映画「ホテル・ムンバイ」ネタバレとあらすじと感想のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hotel Mumbaiさん(@hotelmumbaifilm)がシェアした投稿

映画「ホテル・ムンバイ」ネタバレとあらすじ、見た感想をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「ホテルムンバイ」を見た多くの人の感想として、この話が、「実話」に基づいていることによる、より実体験に近い形で、映画に入り込める点や、自分自身にもいつでも起こり得るその恐怖に、息がつまるような2時間を経験された方が多かったようです。

ただ、その2時間の経験は、理不尽な死に向かうことによる、生きることの意味などを考えるきっかけになったようです。

心揺さぶる衝撃の作品「ホテルムンバイ」、ぜひ劇場でみてくださいね!

「エンテベ空港の7日間」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)映画「エンテベ空港の7日間」ネタバレとあらすじを中心に、作品の感想などをご紹介しています。 1976年6月、ウガンダにあるエンテベ空港で起きたハイジャック事件を基にした映画。 実話に基づき岐路に立たされた人間たちの、葛藤と対立に迫るポリティカル・ヒューマン・サスペンスです。...
映画「ハミングバードプロジェクト」ネタバレとあらすじ、感想速報!(9月27日追記!)映画「ハミングバードプロジェクト」のあらすじ(ネタバレも)と感想や口コミを紹介します。 2014年に出版されたマイケル・ルイスの『フラッシュ・ボーイズ』の映画化。 アメリカ金融界に衝撃を与えた、株取引勝率なんと100%というプロジェクト。 カンザスとNY間の、1,600kmを一直線に貫く通信回線を敷設し、0.001秒の短縮に熱狂した男たちの実話です。...
『存在のない子供たち』ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)ナディーン・ラバキーの最新作『存在のない子供達』あらすじとネタバレと感想をご紹介したいと思います。カンヌ国際映画祭で上映された「キャラメル」で監督、脚本、主演をつとめ、華々しくデビューを飾った、レバノン出身の実力派女性監督作品です。...
「あなたの名前を呼べたなら」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)未亡人のメイドと雇い主である、御曹司のあってはならない禁断の恋物語。「あなたの名前を呼べたなら」ネタバレとあらすじを中心に、感想や口コミをご紹介したいと思います。 階級が異なる者同士の恋愛や、未亡人の再婚など、インドに根強く残る慣習とタブーを描き出した、気鋭の女性監督の長編デビュー作です。...