アクション

「フッド・ザ・ビギニング」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)

レオナルド・ディカプリオが製作に加わった、「フッド・ザ・ビギニング」です。

「キングスマン」シリーズや、「ロケットマン」で、主役のエルトン・ジョン役を務めるなど、今最も活躍するタロン・エガートン主演であの「ロビン・フッド」を再び映画化。

さっそく、あらすじ(ネタバレあり)や作品情報などを見ていきましょう!

スポンサーリンク

「フッド・ザ・ビギニング」 作品紹介!

作品紹介

【日本公開】 2019年10月8日

【原題】 Robin Hood

【監督】 オットー・バザースト

【製作】 レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン

キャスト

ロビン・フッド:タロン・エガートン

リトル・ジョン:ジェイミー・フォックス

ノッティンガムの代官:ベン・メンデルソーン

マリアン:イヴ・ヒューソン(U2ボノの娘)

タック修道士:ティム・ミンチン

ウィル・ティルマン/ウィル・スカーレット:ジェイミー・ドーナン

ギスボーンのガイ:ポール・アンダーソン

フランクリン枢機卿:F・マーリー・エイブラハム

作品概要

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

これまで何度か映画化されてきた「ロビン・フッド」の物語を描いた作品になります。

ただ、これまでの「ロビン・フッド」とイメージを一新した作品になっています。

中世のイギリスを舞台に、スタイリッシュなアクションと、時代構成にとらわれない衣装や美術が融合、新しいアクション・エンターテインメントです。

共演者はオスカー受賞俳優のジェイミー・フォックス、監督はTVシリーズで、英国アカデミー賞の受賞歴もあるオットー・バザーストです。

この作品では、ロビン・フッドが、どのようにして誕生したのかを描く前日譚となっています。

領主と盗賊という、これまでにない「表と裏の顔」をもつロビン・フッドが、大胆にかつ軽やかに敵も味方も欺いていきます。

数々のアクロバティックなシーンも満載です。

弓矢の名手として知られるロビン・フッドが的を見ることなしに矢を命中したり、空中を舞いながら矢を射るなど、エキサイティングなアクションシーンにも注目ですよ。

スポンサーリンク

「フッド・ザ・ビギニング」 あらすじ(ネタバレあり!)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

【あらすじ】ネタバレ注意!

ノッティンガムに住む、ロクスリー・ロビン卿は、広大な敷地と屋敷、彼の恋人マリアンとの生活を不自由なく楽しんでいました。

そんなある日、ロビンは、ノッティンガムの腐敗した代官が、サラセン人に対する、第三次十字軍を決定し、徴兵されることになってしまいます。

イングランドから離れて4年後、彼の上官であるギズボーンが、少年の父親の嘆願にも関わらず、10代の少年を含む囚人を、処刑してしまいます。

そんな十字軍に嫌気がさした、ロビン卿は、処刑をやめさせようと処刑の邪魔をします。

その上官への反抗が元で、ギズボーンはロビンを不名誉で帰国させることになります。

ノッティンガムに戻ると、ロビンは旧友フリアー・タックから、ノッティンガムの代官が、2年前にロビンは戦死したことを宣言して、ロビンの土地と富を奪いとったことを知らさせます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

ノッティンガムの代官は、さらに腐敗した枢軸卿からの依頼で、戦争への資金提供を続けるために、市民の財産を奪っていたのです。

多くのロビンの領民が、枢軸卿により街を追われ川向かいの鉱山へ追放されていました。

ロビンは彼らを抑圧し、搾取する政府に対して、立ち上がることを計画している市民を目の当たりにします。そこには、彼らの意欲的なリーダー、ウィル・ティルマンと共に戦うマリアンの姿も。

ロビンがマリアンに近づこうとした時、以前最強の敵としてロビンと戦い、ギズボーンに息子を処刑された、アラブ人の父親が現れます。

彼は自身を「ヤヒヤ」、英語名で「ジョン」だと言います。

ジョンは、ロビンに、教会の集めている資金を奪い取り、戦争を一緒に終わらせないかと、ロビンに提案してくるのでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

意気投合した、ジョンとロビン。

ロビンは、彼が生きていると知った、マリアンに対して、彼女を守るために、あえて彼らの計画を彼女に伝えないと決めるのでした。

過酷な訓練により、ロビンは、アーチェリーと戦闘のスキルを大幅に向上させ、街の代官が町の人々から奪っている富を盗み始めます

顔を隠すために常に「フード」をしていることから、「フッド」呼ばれるようになります。

その一方で、彼は、不真面目なプレイボーイな領主を演じ、政府から盗んだお金を、代官に献上し、政権を支持して見せ、権力中枢へと潜入していくのでした。

ある日、ロビンとマリアン、ウィルは、枢機卿のパーティーに潜入して、戦争自体が、教会の壮大な計略であることを発見します。

ここから核心にかかるネタバレがあります。(ネタバレ注意!)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

なんと敵であるはずのサラセン軍にも資金提供しており、現在の王が十字軍として戦争に負けた後、教会が権力を握るという計画だったのです。

ギズボーンと彼の部下は、フッドを見つけるために、代官の命令でフッドたちの拠点を襲撃しました。

マリアンはウィルが止めるにもかかわらず、拠点を救うためにロビンと道を渡ります。

彼女はその時、ロビンが「フッド」であることに気がつくのでした。

ジョンはギズボーンに捕らわれ、長官に拷問されますが、フッドの身元を明かしませんでした。

マリアンに請われ、拠点にいる人々に、彼がロビン「フッド」であることを明かします。

そうして、人々の心をつかみ、リーダーとして、皆に迎え入れられるのでした。

ただ、そのことが、ウィルを怒らせてしまいます

ロビン達は、代官がサラセン人たちに送ろうとしている、宝を強奪します。

その後、代官とその兵と戦いが始まるのでした。

その間、ウィルは、街中で暴動を扇動、代官の兵たちを惑わせます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

ここから、結末までのネタバレがあります!(閲覧注意!)

この戦いのなかで、ロビンとマリアンがキスをし、それを爆発で大怪我をする直前に、ウィルが見てしまいます。

心折れた、ウィルは、マリアンも反抗も諦めてしまうのでした。

戦いの流れが代官軍に有利に変わり始めると、ロビンはさらなる流血を避けるために、降伏し、処刑されるために代官の城に連れて行かれます

ところが、実は護衛の1人は、独房から逃げ出していたジョンが、変装しているのでした。

彼は、まんまと代官の首をチェーンで吊ることに成功し、リベンジを果たします

その後、ロビンとジョンは、マリアンや彼らを支持する民衆と合流し、シャーウッドの森で、アウトローとしての生活を始めるのでした。

一方、枢機卿は、復讐心に燃える、ウィルを懐柔します。 彼が、教会に忠誠を誓うならば、彼にノッティンガムの権力を、手に入れるチャンスを与えるというのです。

ウィルは新しい代官と共に、ロビンと彼の仲間に「無法者」の烙印を押し、彼らを森に追いかけにきます。 ロビンもウィルに対して果敢に挑戦していくのでした。

スポンサーリンク

「フッド・ザ・ビギニング」 感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin Hood – 2018さん(@robinhoodmovie)がシェアした投稿

矢を射るシーンがひたすらカッコよくて快感!

アクションが好きなのでとにかく楽しめた。中世の衣装やセットもよかった!

ロビン・フッドが昼と夜の2つの顔を持ちながら、徐々に復讐していくシーンはお気に入り。

ロビン・フッドといえば弓矢。弓矢を使った壮大なアクションだけでも、この映画を観る価値がある。

アクション映画として気楽に見ようと思ったら、メッセージ性が結構あって驚かされた。

好きな人ばっかり出てる映画だけど、タロン・エガートンのカッコ良さが際立っていた。

期待でいっぱい!『ロケットマン』で話題沸騰中のタロン・エガートンが出演!

「フッド・ザ・ビギニング」をすでに見た人の感想では、度肝を抜かれるアクションや、主演タロン・エガートンのかっこよさなどが、たまらないという意見多く見られました。

アクション好きにはたまらない映画となっているようですね!