伝記

映画「トム・オブ・フィンランド」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)フレディ・マーキュリーの原点がここに!

フレディ・マーキュリーをはじめ、世界中のゲイカルチャーに影響を与えたアーティスト「トム・オブ・フィンランド」を描いた伝記映画。

「トム・オブ・フィンランド」のあらすじ(ネタバレあり!)と感想や口コミをご紹介していきたいと思います!

注目のフィンランド人監督が、母国の伝説的アーティストの半生を、徹底したリサーチの元、描き出しました。

ゲイアートの先駆者「トム・オブ・フィンランド」として知られる、フィンランド人/トウコ・ラークソネンの一生を描いた、伝記映画です。

スポンサーリンク

「トム・オブ・フィンランド」作品紹介、キャスト紹介

作品紹介

【日本公開日】2019年8月2日〜

【監督】ドメ・カルコスキ

キャスト

トウコ・ラークソネン(トム・オブ・フィンランド) 役:ペッカ・ストラング

カイヤ・ラークソネン 役:ジェシカ・グラボウスキー

ヴェリ・マキネン 役:ラウル・ティルカネン

同性愛が厳しく罰せられていた時代、警察の取り調べに怯えながら、ゲイアートを描いていたのが、いまや切手デザインにも使われ、国の英雄となったトム・オブ・フィンランド。

トム・オブ・フィンランドが、アートによって世界中の人々希望を与え、自由につながる革命を起こした歴史が描かれます。

監督のドメ・カルコスキは、デビュー作でフィンランドのアカデミー賞とも言われるユッシ賞で、観客賞を受賞。

以来、発表する長編映画は、すべて興行と批評どちらの面でも成功を収めています。

フィンランドで、今最も注目されている監督の一人です。

8月30日には、「ロードオブザリング」の原作者の半生を追う、ドメ・カルコスキ監督最新作「トールキン 旅のはじまり」の公開を控えています。

『トールキン 旅のはじまり』ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』シリーズの原作生み出した、作家J・R・R・トールキン。彼の、前半生を辿る『トールキン 旅のはじまり』ネタバレとあらすじご紹介します!...

「トム・オブ・フィンランド」は、第90回アカデミー賞の、外国語映画賞のフィンランド代表に選出、第40回ヨーテボリ国際映画祭で、国際映画批評家連盟賞を受賞しました。

スポンサーリンク

「トム・オブ・フィンランド」あらすじ(ネタバレ注意!)

【あらすじ】

本作では、「トム・オブ・フィンランド」こと、トウコ・ラークソネンの20歳前後から晩年までの時期を描いています。

第二次世界大戦後の、同性愛が法律で禁止されていた時代のフィンランド。

戦争から帰還したトウコは、昼間は広告会社で働きます。

そして夜は、警察の取り調べに怯えながら、自室に鍵をかけ、戦場で出会った逞しい男性たちを、ドローイングする生活を送っていました。

そんなある日、実の妹であるカエヤから、広告の絵を描く仕事を紹介されます。

広告の仕事と作品作りに没頭する中で、トウコの作品も進化。

革のジャケットなどの、バイカーファッションなどを取り入れた、筋骨隆々な男性たちは、フィンランドの、隠れたゲイコミュニティで受け入れられていきます。

トウコの恋人となる、ダンサーのヴェリ・マキネンとも、ここで出会います。

1957年に、トウコの絵が、アメリカのフィットネス雑誌の表紙を飾ります。

アメリカ人にも呼びやすい「トム・オブ・フィンランド」というペンネームで。

それまでのゲイのステレオタイプだった、なよなよとした貧弱な男性像。

それと全く異なる、トウコのポジティブなゲイの絵は、アメリカで大きな反響を呼びました。

トウコの絵に共感する人の輪は、国境を超えて広がっていきます。

1978年に、アメリカに招待されたトウコは、ニューヨーク・サンフランシスコで、展覧会を成功させ、大きな開放感を味わいました。

フィンランドに戻って、恋人のヴェリにアメリカで感じた自由について熱く語るトウコ。

しかし、それからまもなくヴェリは、病気で帰らぬ人となってしまうのでした。

スポンサーリンク

「トム・オブ・フィンランド」感想や口コミ

この作品は、劇場公開に先立って、最新の北欧映画を紹介する、ノーザンライツフェスティバルで上映されています。

すでに本編を観た人たちの感想や口コミを見ていきましょう。

フィンランドの映画はめずらしいので独特な映画なのかと思ったけど、そんなことなく楽しめた

構成や音楽の使い方もよくて、バランスの良い良作映画でした

内容だけでなく、映画自体のつくりも好評です。

ボヘミアン・ラプソディ観た人にはぜひ観てもらいたい!

トム・オブ・フィンランドの絵は、ロック歌手フレディ・マーキュリーなど多数の人に影響を与えました。

ボヘミアン・ラプソディが好きな人は、この映画を見ることで、フレディーに関する理解が深まるかもしれません。

ボヘミアン・ラプソディを見る方法!

ボヘミアン・ラプソディをまた見ていない方は、U-NEXTの31日間無料体験で見る方法があります!

U-NEXTの31日間無料体験に登録すると、600円分のレンタルポイントがプレゼントされます。

U-NEXT ボヘミアンラプソディ フレディ・マーキュリー トムオブフィンランド引用:https://video.unext.jp

その600円分のレンタルポイントを利用すると、お金を使わずに「ボヘミアン・ラプソディ(432円分ポイント使用)」がフル動画で、見れてしまうんですね。

U-NEXTの31日間無料体験で、ボヘミアンラプソディを見るならこちら!

ありがたいシステムです。

気になる、U-NEXTの解約も簡単にできるので安心ですよ。こちらで解説中↓

U-NEXT無料トライアルと解約や退会の方法おさらい。トラブルのない解約まで。U-NEXTの解約や退会って難しい?そもそも解約と退会の違いって?U-NEXTの31日間無料トライアル試したいけど、解約や、退会方法がよくわからないし、めんどくさそうと思っているあなたに、簡単解説しています!...

主人公トウコの、自分のスタイルを貫き通す信念が、意思を強く持つことが何より大切だと伝えてくれた。

社会に対して息苦しさを感じている人に、勇気をくれる映画に思いました

同性愛者が激しく迫害されていた時代に、自らの描きたいものを描き続けたトウコ。

その姿に、勇気づけられる人も多いのではないでしょうか。

*本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ロケットマン、ネタバレ、ボヘミアンラプソディー
映画『ロケットマン』ネタバレとあらすじ、感想と評判(最新情報) 2019年は、フレディ・マーキュリーの人生を、テーマにした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、日本で過去最大興行成績3位に迫る、一大ブ...
「Girl/ガール」ネタバレとあらすじ、感想、カンヌ国際映画祭3冠!(最新情報!)プロのバレリーナを目指す、トランスジェンダーの女性を描くヒューマン・ドラマ。 本作品は第71回カンヌ国際映画祭の「ある視点部門」で...
映画「ワイルドライフ」ネタバレ、あらすじと感想(最新情報!)2018年1月の「サンダンス映画祭」、5月の「カンヌ映画祭」を皮切りに、「トロント映画祭」、「ニューヨーク映画祭」などの、各映画祭で絶賛...
『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレとあらすじ、感想(最新情報)蜷川実花監督と小栗旬の夢のタッグ「人間失格 太宰治と3人の女たち」あらすじとネタバレ、口コミ紹介。超豪華キャストと蜷川実花監督の織りなす華やかな世界。事実が元になっているファンタジーの世界を紹介します。...
「劇場版おっさんずラブ」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)、おっさんたちの愛の頂上決戦!?「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の作品紹介、あらすじ(ネタバレあり)や感想、口コミなどをご紹介していきます。“君を好きになってよかった” ”愛の頂上決戦!(ラブ・バトルロワイヤル)勃発!” 笑って泣ける、おっさんたちの純愛コメディ『おっさんずラブ』遂に完結。 2018年度4月期に放送された、大人気テレビドラマ『おっさんずラブ』の劇場版。...