アニメ

「きみと、波にのれたら」ネタバレとあらすじ、感想(最新情報!)

主題歌を、GENERATIONSが、主人公の、雛罌粟港(ひなげし みなと)の声を同じく、GENERATIONSの片寄涼太さんが担当することで、話題になっている、「きみと波にのれたら」のあらすじ(ネタバレあり)のご紹介です。

2019年6月7日には、テレビ朝日の「Music Station」で、GENERATIONSが、主題歌「Brand New Story」がテレビ初披露

映画の前に、気分が盛り上がりそうですね!

スポンサーリンク

映画「きみと、波にのれたら」作品情報

フランス、アヌシー国際アニメーション映画祭で、長編コンペ部門ノミネートに決定しました!

クリスタル賞(グランプリ)の発表は、6月15日になります!

「きみと、波にのれたら」の湯浅政明監督は、実は2017年にも、同じくアヌシー国際アニメーション映画祭で、「夜明け告げるルーのうた」で、長編部門グランプリに輝いています。

国際的にも認められた、湯浅政明監督最新作「きみと、波にのれたら」楽しみですね!

作品情報

タイトル:「きみと、波にのれたら」

公開日: 2019年6月21日

監督:湯浅政明

脚本:吉田玲子

音楽:大島ミチル 

アニメ制作:サイエンスSARU

製作:「きみと、波にのれたら」製作委員会 

配給:東宝

主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE「Brand New Story」 

「きみと、波にのれたら」キャスト紹介

雛罌粟港(ひなげし みなと)
  • 声:片寄涼太、正義感の強い消防士、とても器用で何でもできたのだが、海の事故で命を落としてしまう。ひな子の歌をきっかけに、水の中で、ひな子の前に再び現れる。
向水ひな子(むかいみず ひなこ)
  • 声:川栄李奈、大学生、サーフィンが好きな大学生。かなりサーフィンはうまい。明るい性格だけど将来が不安。

雛罌粟洋子(ひなげし ようこ)
  • 声:松本穂香、港の妹、高校生、ぶっきらぼうなお兄ちゃんっ子
川村山葵(かわむら わさび)
  • 声:伊藤健太郎 、新人消防士で、港の後輩、人懐っこいが消防士としてはまだ半人前

監督はテレビアニメ『四畳半神話大系』や、アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女(2017年)』などの湯浅政明

メインキャラクターとなる雛罌粟港(ひなげし みなと)の声を担当するのは、声優初挑戦となるGENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太

ヒロインの向水ひな子(むかいみず ひなこ)は、アニメ映画初主演となる川栄李奈が担当。

スポンサーリンク

映画「きみと、波にのれたら」のあらすじ(ネタバレ注意!)

大学生の女の子・向水ひな子(むかいみず ひなこ)は大学入学を機に、海の見える街へ引っ越してきた。

サーフィンが好きで、波の上では誰にも負けないひな子だったが、将来について不安を抱えて生きていた。

ある日、近所で火事があり、その現場へやってきていた、消防士の雛罌粟港(ひなげし みなと)と出会う。

二人は徐々にお互い惹かれあうようになり、「ずっと助けるよ、必ず」と約束するほどに、いつしかお互いが、なくてはならない存在となっていった。

しかし幸せもつかの間、二人を引き裂くかのように、港(みなと)が海の事故で命を落としてしまう。

大好きだったはずの海を見ることもできないほどに、意気消沈してしまったひな子。

そんな時、ふと二人の思い出の歌を口ずさんでいると、亡くなってしまったはずの港が、水の中に見えるようになったのだった。

触れることはできないものの、思い出の歌さえ歌えば姿を現してくれるらしい。

これからもずっと一緒にいられると喜び、あらゆる手段で、港との生活を続けようとするひな子だったが、周囲には港の姿は見えず心配されるばかり。

二人はこの先もずっと一緒にいられるのか。港がひな子の前に姿を現すようになった理由とは……。

スポンサーリンク

映画「きみと、波にのれたら」感想!

試写会を見た方の感想が届きましたので紹介していきます!

湯浅監督っぽくなくて、いい意味で裏切られました!清々しい気分にさせてくれる映画です。誰かのために生きていくってかっこいいですよね。

大切な人がいるありがたさを思い出させてくれたり、頑張らなきゃって背中を押してもらった気がします。

涼太くんの優しい声が心に響きました。ひな子と港が一緒に歌う場面はサイコー!

劇場で何回泣いたかわかりません。人のために生きるってすごいかっこいいですね。

二人の声が素敵すぎ!二人が幸せそうに歌うシーンが最高だけど切なかった!私も波に乗りたい!!

ストーリーの中の、二人の誰かのために生きるというテーマに感動したという声が多いですね。

また、片寄涼太さん、川栄李奈さんのお二人が歌う歌が、最高という声が多かったです。

歌手である二人の起用がバッチリハマった感がありますね!

 

湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』が、2019年6月21日に公開されます。

湯浅監督の「夜明けを告げるルーのうた」は、アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門最高賞・クリスタル賞のみならず、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など、数々の賞を受賞してきた湯浅政明監督の作品ということですでに話題です。

さらに豪華なキャスト陣が注目をあつめています。

メインキャラクターとなる正義感の強い消防士の青年・雛罌粟港(ひなげし みなと)役にはGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さんが抜擢。

テレビドラマや映画など、俳優としても大活躍されているので、初めての声優ということですが、期待が高まってしまいますね。

ヒロインのサーフィンが得意な大学生の女の子・向水ひな子(むかいみず ひなこ)はAKB48の元メンバーであり、現在女優として活躍中の川栄李奈さんが担当。

ほかにも港の妹で高校生の雛罌粟 洋子(ひなげし ようこ) の声を担当される松本穂香さんや、港の後輩消防士である川村山葵(かわむら わさび)の声を担当される伊藤健太郎さんなど、今話題の若手実力派俳優が勢ぞろいですね。

2019年5月24日には、一足早くコミカライズ版が小学館より発売となっています。


きみと、波にのれたら (フラワーコミックス)

映画のコミカライズストーリーのほかにも、漫画版のオリジナルストーリーやアフレコ現場のレポート漫画なども収録されているので、こちらもチェックしておきたいですね。