アニメ

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ネタバレとあらすじ、視聴後の感想(衝撃の結末!)

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ネタバレ、勇者ヨシヒコ

愛がある、冒険がある、人生がある。

この物語の主人公は、紛れもなく今の時代を生きる“あなた”

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のあらすじとネタバレ、感想を紹介したいと思います。

ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説、無料で見るならこちら!

*無料期間内は13万本の動画見放題で、その間に解約すれば請求は一切発生しません。

誰もが思い入れのあると言っても過言ではない『ドラゴンクエスト』シリーズの映画化に、すでにファンを中心に熱い賛否両論がネット上で聞かれます。

スポンサーリンク

8月3日追記!『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』見た感想、評価(ネタバレあり!)

感想ですが、いきなり、結婚ネタバレと、衝撃の結末までのネタバレを含みます!(ネタバレ注意!!)

結婚はどうなった?ネタバレ(閲覧注意!)

フローラ完全負けヒロインじゃないですか?

ルドマンも性格悪いし。めっちゃかわいそう。

フローラに告白して、結婚が決まった後に、やっぱビアンカって、主人公としてどうなん?

と言うことで、結婚はフローラで決まりと思わせておいて、ビアンカがやっぱり好きってなって、結婚はお流れになりました。

ドラクエ5と違う結末って?ネタバレ(閲覧注意!)

子供時代が大幅カットでびっくり!

ストーリーもかなりの端折り具合。

それでも、ゲマを倒すまでは、ほぼストーリー通りで順調と思いきや!

結末に、大どんでん返し発生!

これまでのストーリーは、オタクがVRの世界で遊んでいただけだった!

ミルドラースが実は、コンピューターウィルスで、ドラクエ5の世界を破壊しだした。

そこで、スライムのすらりんが、実はウィルスバスターとして、お供していた。

すらりんが出した、ロトの剣(アンチウィルス)で、ミルドラースウィルスを撃破!

ドラクエの世界は守られました。

と言う結末でした。

この結末についてはかなりの賛否両論があふれています。

あなたはどう思われますか?

小ネタ:キラーパンサーの名前は?(閲覧注意!)

ボロンゴやプックルが優勢と言われる中、

「ゲレゲレ」になりました!

微妙!

スポンサーリンク

6月20日追記『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』長編動画公開!結婚シーンが!

6月18日に、長編の予告映像が公開されました。

注目は、フローラと結婚について話をしていて、

リュカ「僕が結婚?」

フローラ「嬉しいです」

ビアンカ「その気になっちゃったんだからね。」泣

運命の出会いと選択!

これはフローラとの結婚ということなのでしょうか!?

あと、やっぱりだけど、奴隷になった後、ヘンリーとタルの中に隠れて逃げるシーン、石になってしまうシーンはあるようですね。

子供の頃のトラウマが!

スポンサーリンク

5月27日追記『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』新カット解禁!今日はドラクエ記念日。

5月27日は、「ドラゴンクエスト」の記念すべき第1作目が、発売された日です。

1986年(33年前!!)の5月27日にドラクエは発売され、当時誰もが熱狂しました。

そんな記念すべきドラクエ記念日に、「ドラゴンクエスト ユアストーリー」の新カットと、声を担当する俳優さんのコメント発表がありました!

こちらのカットは、佐藤健さんが、声を担当する、少年主人公のリュカが、「バギ」を使っているシーンぽいですね。

こちらは、有村架純さんのビアンカですね。

鳥山明さんのオリジナルに引けを取らずかわいらしいですね。

主人公をぐいぐい引っ張っていってくれそう。

こちらは、波瑠さんが声を担当される、フローラですね。

ドラクエをやっている時には、考えもしませんでしたが、父親のルドマンさんに結婚を勝手に決められて、「マジで!」って顔に書いてありそうな表情ですね。

ゲーム版より、ちょっと意思が強そうなビジュアルに感じますね。

さすが、イオナズンを覚えるだけのことはある、意思の強さを感じます。

リュカはどっちを選ぶんですかね〜。

気になって仕方がない。

もう一人ビジュアルが解禁されたのが、パパスですね。

予想通り、頼りになるパパ像ですね。

きっと、ドラクエ5をしていた世代は、パパスの立場の方が近くなっているんですよね。

声を担当される、山田孝之さんのコメントよくわかりますね。

ちゃんといい大人になっているのだろうか?

って思いますね〜。

33年前は、今のスマホの写真1枚にも、全然満たないデータ容量のドラクエ1の世界に酔いしれました。(ドラクエ1は、全データ量64KB!今のスマホの写真1枚でも、その20−30倍のデータ量です)

ドラゴンクエスト ユアストーリー、私たちに向けられた、ストーリーなんですよね。

見る前から、ゲームしていた昔の自分と、主人公のリュカがオーバーラップして、やばいですね。

 

映画『ドラゴンクエスト』過去の関連作品

「ドラゴンクエスト」のアニメ化作品といえば、元祖は「ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説」を思い出す方も多いのではないでしょうか?

当時は、TVゲーム「ドラゴンクエスト4」が大流行中で、しかもキャラクターデザインが、ゲームのドラゴンクエストと同じ、鳥山明氏が監修しているということで、大人気のアニメ番組となりました。

ドラゴンクエスト4のキャラクター、ジプシー姉妹の「マーニャとミネア」がサブキャラとして登場したほか、隠れキャラとして「アリーナ姫、クリフト、トルネコ」が、カメオ出演したことでも、当時、アニメを見ながら、ゲームの世界に入り込んだような気がして、興奮しましたよね。

今回の「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」も、まさにあなたが主人公になって、ゲームの中に入り込んだような、ワクワク感を得られるのでしょうね!

ちなみに、「ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説」は、U-NEXTの31日無料体験で、全42話見放題なのをご存知ですか?

一切お金がかからず、U-NEXT無料体験で「ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説」全話見るならこちらから。

無料体験の解約もサクッとできるので、無料体験是非おすすめですよ!

U-NEXT無料体験の解約方法についてはこちら。

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の作品情報

作品情報
  • タイトル:「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
  • 公開日:2019年8月2日
  • 総監督・脚本:山崎貴
  • 監督:八木竜一、花房真
  • 原作:堀井雄二
  • 音楽:すぎやまこういち
  • 製作会社:「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会
  • 配給:東宝

キャスト(敬称略)
  • リュカ(主人公):佐藤健
  • ビアンカ:有村架純
  • フローラ:波瑠
  • ヘンリー:坂口健太郎
  • パパス:山田孝之
  • 他にも:ケンドーコバヤシ、安田顕、古田新太、松尾スズキ、山寺宏一、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎

大人気ゲームの『ドラゴンクエストシリーズ』初の3DCGアニメ映画。

ストーリーは、シリーズ内でも特に人気がある『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』がベースとなっています。

未だに、スマホ版などが出るなど、そのストーリー性やキャラ、ドラクエで初めて、正解のない『結婚相手を選ばなくてはならない』など、印象に残る傑作です。

総監督は『ALWAYS 三丁目の夕日(2005年)』や『アルキメデスの大戦(2019)』の山崎貴。

音楽は『ドラゴンクエストシリーズ』では、外すことのできない、すぎやまこういちが担当。

彼なしでは、ドラゴンクエストの世界観は生まれなかったと言われています。

すぎやまこういちは今、88歳の米寿だそうです。

働き過ぎ?

声優には今人気の俳優陣がそろえられていて、父・パパス役の山田孝之は同シリーズの『ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり』でツェザールの声を担当していました。

もちろん、皆さんおなじみの『勇者ヨシヒコ』の勇者として最も知られていますね。

この勇者ヨシヒコも、ドラゴンクエスト5をモチーフにしていますね。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のあらすじとネタバレ

公式からのあらすじなどの情報はまだ公開されていませんが、リュカ役の佐藤健さんが、公式サイトで、

「脚本は、最後の終わり方を除いて、ドラゴンクエスト5のストーリーに沿って進む

とおっしゃられているので、基本は皆さんがおなじみのストーリーが展開されるのでしょうね!

ラストが違うっていうのは、ある意味ネタバレしていますね。

何が違うのか、気になりますよね!

ゲーム『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』がベースのストーリーになっているとのことなので、『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』のあらすじとネタバレを、ご紹介したいと思います。

ゲーム『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』あらすじ、ネタバレ

大人気ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の第五作目で、1992年9月27日に発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲームです。

  • あらすじ(ネタバレあり)

物語は[幼少期][青年期前半][青年期後半]と3部に分かれていています。

  • [幼少期]

父/パパスと共に旅をします。

主人公/リュカは、昔住んでいたサンタローズの村に、父/パパスと戻ることから物語が始まり、そこで幼馴染のビアンカに再会します。

そのあと、レヌール城で、おばけキャンドルおよび、親分ゴーストを退治して、その後旅の仲間になる、ベビーパンサーを助けることになります。

その後、妖精の村で、妖精ポワンに頼まれて、ようせいのフルート(春風のフルート)を、雪の女王とその手下のザイルから取り返します。

サンタローズの村で、パパスの召使いのサンチョに呼ばれ、パパスと一緒にラインハットへ行くことになります。

そこで、その後旅の仲間になる、ヘンリーに出会います。

その後ヘンリー王子が誘拐され、パパスと救出に向かうものの、ヘンリーを誘拐した、光の教団のゲマとその手下のジャミとゴンズによって、リュカを人質に取られ、父パパスは手も足も出ずに、最後にはゲマの呪文で、討ち取られてしまいます

そのまま、主人公/リュカは、ヘンリーとともに、光の教団の奴隷にされてしまいます。(プレイしていた当時、子供ながらに、強烈な絶望感がありましたね。)

  • [青年期前半]

10年が経ち、ヘンリーとリュカは、光の教団の大神殿の建設現場の奴隷として、こき使われる日々を過ごしています。

光の教団の衛兵ヨシュアが、奴隷にされていた妹のマリアを、奴隷使いから助けた、主人公たちに、妹とともに脱獄するよう促します。

その後3人は、ヨシュアによって、樽に詰められて流され脱獄します。

悲しいことに、のちにヨシュアは、この大神殿にて、主人公たちと、亡骸になって再会します。

修道院に流れ着き、オラクルベリーの町に行き、馬車を入手します。

モンスターじいさんから、モンスターの仲間にし方を学び、モンスターを仲間にできる能力を手に入れます。

そこから、父パパスの遺言であった、「母マーサと伝説の勇者」を探す旅が始まります。

ヘンリーとともに、ヘンリーの居城ラインハットに戻り、ラーの鏡を通じて、ニセたいこうと戦い倒します。

ヘンリーがお城に残ることになり、船を手に入れます。

その後、ヘンリー代わりに強くなったキラーパンサーが仲間に再度加わります。

ちょっと冒険の後、ドラゴンクエスト5最大のイベント、結婚相手を選ぶことになります。

から選びます。

それぞれ、ビアンカ(魔法使い)、フローラ(賢者)、デボラ(魔法戦士)的に育ちます。

フローラは、唯一ベホイミとイオナズンを覚えるので、役に立ちますが、感情移入している、幼馴染であるビアンカを選ぶ子供たちが多かったようです。

(人気投票では、ビアンカが大体6割、フローラ3割、デボラ1割程度)

結婚後に、主人公/リュカの秘密がわかり、グランバニアの王として帰還します。

双子の男の子と女の子が二人の間に生まれた後、妻が魔物にさらわれてしまいます。

本人は石像にされて8年が過ぎます。

  • [青年期後半]

成長した、双子の子供たちに発見された主人公のリュカは、子供たちとともに、連れ去られたままの妻と、パパスの遺言の母を探す旅を始めます。

ネタバレですが、

ここでリュカは、息子が『伝説の勇者』であることを知ります。

その後天空城を復活させ、そこの王であるマスタードラゴンに会います。

その後、『最後の鍵』を飲み込んでいた、古代の大バケモノの「ブオーン」を倒して、鍵を手に入れます。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の特典映像に、一瞬ブオーンの姿が!(0:43と0:55あたり)

存在感ラスボス級と言われる、ブオーン、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』でも健在のようですね。

その後、光の教団の大神殿に囚われている妻を助けます。

その後、光の教団を裏で操っていた、大魔王のいる、暗黒世界へ。

暗黒世界の中の迷宮、エビルマウンテンを抜けると、母マーサに出会い、そこで父パパスの仇のゲマと戦い、打ち倒します。

(特典映像内でも『ゲマ!貴様!』とリュカが叫んでいますね。0:54あたり)

その後待ち構えているのが最終ボス、ミルドラースです。

 

ここまでは、ゲームの流れですが、映画のエンディングは一味違うようですね!

今から楽しみです。

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』感想や評判

シリーズ内でも高い人気を誇る『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』がベースとなっている『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

大人へと成長し、結婚というターニングポイントで、プレーヤー自身が相手を選ぶという大きなイベントをこえて、その後自身の子供と旅をするという、まさに人生を辿るような物語は多くの人の心に刻まれました。

そして、3世代だからこそ描けるストーリーや世界観も魅力のひとつであり、この構成でこのストーリーだからこその『ドラゴンクエスト5』であると語られるほどの名作となっています。

製作決定直後から、多くのドラクエファンの間で話題となっていました。

堀井さんやすぎやまさんが入ることで、世界観は守られているものの、キャラクターデザインが鳥山明さんでないのが、残念というオリジナルファンからの声も聞かれます。

一方で、ゲーム画面の中にあった、あの世界がどのような映像に仕上がるのか、王道ファンタジーとして呪文などの表現(特にパルプンテ)や、魔物たちの質感などがどう描かれるのかなど、ツイッター上では期待の声もかなり多いです。

また、ドラクエファンの方々から同じく愛されている、ドラゴンクエスト5を基調としたRPG風コメディドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』の主人公ヨシヒコ役である山田孝之さんが、本作では主人公の父パパスの声優として参加していることも話題となっています。

公式サイトでのコメントでは「声だけでの表現は難しいと思った」と語っていらっしゃいましたが、ヨシ、いや、山田孝之さんの演技からも目が離せませんね。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は2019年8月2日に公開予定となっています。

続々と情報は公開されると思いますので、続報があり次第ご紹介しますね。

劇場にて“あなた”の物語を見終わったとき「君は、何者だ。」その問いの答えがきっと見つかることでしょう。

 

*本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

関連記事